平成最後の桜は、新しい元号が発表される時期に合わせて一斉に咲くのでしょうか🌸🌸🌸

何という元号になるのか、とっても楽しみですね(^^♪

❁❁ ❁❁ ❁❁ ❁❁ ❁❁ ❁❁ ❁❁

ラ・ピアンタのウインドウは、昨年の tulipイメージ🌷 から roseイメージ🌹 へと進化し
花たちの可愛らしい色合いを楽しんでいただけるように♪ と思い
お店の名前「
La・pianta」をアレンジしてみました( *´艸`)

なぜ今、このタイミングでお店の名前をディスプレイに⁉

名前というのは大切で、人にも物にも その名前の持つ意味がありますよね(^-^)
『La・pianta』には「小さな花」という意味もあります。

私たち一人一人は小さな花だけれど、衣服を作ることで少しでも役に立てるよう
精一杯頑張りたい という起業時の願いが込められています。

  

31年目の今年
より良い製品を皆様にお届けできるよう、そして快適な毎日を過ごしていただけるように
ラ・ピアンタ一同 がんばります!(^^)v


*おまけ*
元号 年号 どっちなん? 疑問に思ったので調べてみると、、、

年号の始まりは「大化の改新」で知られる『大化』で、平成にいたるまで247の年号があります。
対して、天皇の即位から数えるのが元号で、元は元年を意味します。

元号と年号はほぼ同義語として扱われているようですが、明治の改元から『一世一元』となっているため、公称として使われているのが『元号』
現行の法律は「元号法」というため、元号というのが一般的であるとされているようです。

元号になるには
1. 国民の理想としてふさわしい よい意味を持つ
2. 漢字2文字である
3. 書きやすい
4. 読みやすい
5. これまでに元号として用いられたものではない
6. 俗用されているものではない
の6つが条件 という事です(^-^)