「体も心も美しく健やかに」ラ・ピアンタのカーブバランス

衣服への思い

■ 着るものの可能性を追及しチャレンジする

   身体も心も美しく健やかに過ごすために衣服のできる事

 

ラ・ピアンタのスタッフは出身も育った環境も違いますが、子供のころから「おしゃれをすること」「洋服を作ること」が大好きでした。

創業者の四宮由幹(しのみやゆみ)は1973年、東京文化服装学院卒業後、大阪のアパレルメーカーL社を経て、1975年神戸のアパレルメーカーW社に入社。

日野生子(ひのいくこ)は1977年、大阪モード学園卒業後、東京の子供服メーカーを経て1980年 W社に。    杉谷治美(すぎたにはるみ)は1977年、大阪上田安子服飾専門学校を卒業後 W社に入社。四宮が企画チーフパタンナーだったブランドで、日野は重衣料、杉谷は薄物衣料のパタンナーとしてキャリアを重ねていきました。

仕事一筋に打ち込み十数年経ったある日、四宮は自らの衣服にかける想いと会社の目指す方向性の違いに気づき、独自の研究開発をするために1988年「ラ・ピアンタ」を立ち上げ、1989年「有限会社インディ」を設立いたしました。

yumi-img1設立以来、服飾に携わった頃からの四宮の衣服への考え方『衣の原点は体を守ること』     『おしゃれの基本は美しいこと』が今も私たちの変わらぬ思いです。

PAGETOP
Copyright © La・pianta All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.